HOME>オススメ情報>節税に活用するなら仕組みを理解しておこう

節税できる仕組みを理解しよう

男性弁護士

保険を利用することによって節税対策をする方法はなぜ可能なのかがわからない人もいるでしょう。単純に保険に申し込めば節税になるというわけではないので気をつけなければならず、仕組みをよく理解しておくことが肝心です。控除を適用することによって税金を減らせるというのが基本的な仕組みで、生命保険料控除を適用できる商品を選ぶことが必要になります。ただ、加入によって毎月の支払いが生じることも考慮し、それでも資産が増えるように設計することも重要です。保険料が控除対象になるだけという仕組みを理解すると、節税対策として活用することにより資産形成につなげるためには基本的に貯蓄性のある商品を選んで申し込まなければならないことがわかります。

どんな種類があるかを知ろう

男女

節税対策になる保険を活用しようという場合には種類として何があるのかを把握することが必要です。大まかには生命保険と個人年金保険の二種類に分けることができ、どちらもよく利用されています。それぞれの保険についていろいろなタイプの商品があるので比較検討するのは必須でしょう。ただ、この二種類の選び方次第でどのような違いが生まれるのかについてはあらかじめ理解しておくことが大切です。

種類による違いを知ろう

電卓とお金

生命保険と個人年金保険で異なるのは緊急時の対策にするか老後の対策にするかです。貯蓄性のある生命保険の場合には最終的には支払ったお金が還元されますが、基本的には重篤な病気にかかったときや亡くなったときにお金を受け取れる仕組みになっています。それに対して個人年金保険なら老後に必ず年金として支給してもらうことが可能です。節税対策としての効果には大きな違いはないので、望ましい保険に加入しましょう。